新しいタイプの商標の保護制度①—-動き商標

「商標とはどのようなものですか?」という質問に対して、文字で構成された店名や、図形で構成されたロゴマークを想起するのがほとんどでしょう。しかし、2015年により、特許庁が「新しいタイプの商標の保護制度」を導入しました。その「新しいタイプの商標」とは、「動き商標」、「ホログラム商標」、「色彩のみからなる商標」、「音商標」、「位置商標」、5タイプの商標を指します。この新制度によって、商標と言えるものがもう文字、図形、立体からなるものに限らず、ある動画、あるメロディー等でも登録商標になれます。本記事は、こうした新しい商標のうち、「動き商標」をご紹介したいと思います。

新しいタイプの商標の出願・登録状況:

(更新日2021年9月1日)

タイプ①:動き商標:

動き商標とは、文字や図形等が時間の経過に伴って変化する商標を指します。一般的には、CMやプロモーション動画に使用されます。CMの最後に自社の商標を載せるのが当たり前ですが、商標が単純にパッと出てくることより、何か特徴的な動きを加えた方が消費者に印象を残すので、現在CMに登場するロゴマークが印象的な動き付きで表示されるのが多いでしょう。

例えば、有名な映画製作会社である東宝株式会社のロゴは見たことがありますか?それを思い出してください。おそらく単に円の中に「東宝」が表された商標を思い出したことより、放射状に輝く光の背景と共に頭に浮かんでくるでしょう。なぜかというと、その放射状に輝く光の背景がすでに「東宝株式会社」一つの目印になったからです。ここでもし「東宝」が文字・図形商標でのみ商標登録し、動き商標で出願しない場合、他人にロゴマークだけを替えて放射状に輝く光の背景を無断で使用しても商標権侵害にならない可能性があります。従って、動き商標まで権利を取得することによって、自社と類似的な宣伝動画を排除するに有効し、より全面的に自社の商標を保護できます。

動き商標の商標出願方法:

動き商標を出願する時、映像を特許庁に提示するのができないため、願書に一枚以上の図面で動きの順番を表示する、若しくは破線で動きの軌跡を具体に表示することに加えて、商標全体の所要時間等について明確な記載が必要となります。

図面で動きの順番を表示する例:

破線で動きの軌跡を表示する例:

こうして、商標の動きが簡単であれば当然、問題がありませんが、一方、動きがあまりにも複雑過ぎる時、文章で明確に説明できない場合があります。それゆえ、商標見本(図面)に表された商標及びその変化の状態と、商標の詳細な説明の記載により表された商標及びその変化の状態とが一致していないことで登録を拒絶することあります。従って、成功に登録できる動き商標はそこまで時間が長くない簡単な動きで構成されるものがほとんどです。

動き商標の審査基準:

原則として、動き商標が登録の可否は、伝統的な商標(文字商標等)と同様に「商標審査基準」に基づいて審査されます。それは、基本的には動き商標の動きそのものの識別力の有無が、商標全体の識別力の判断に影響を及ぼさないからです。従って、他人の先行する商標と類似するかどうかに判断する対象は、動きを構成する文字と図形になります。

例:原則として、類似しない場合

動きの軌跡が同一でありますが、審査対象は図形部分の地球と紅葉であるため、両図形の外観(見た目)、称呼(呼び方)、観念(意味合い)においていずれも異なりますので、両者は類似商標ではないと判断されます。

例:原則として、類似する場合

動き商標と一般的な文字・図形商標と比較する時、動きの軌跡が審査対象外であるため、文字と図形商標が動きの軌跡がないため、動き商標との動きの軌跡が異なりますが、審査部分である文字「SUN」・図形「緑色の自動車」部分は、文字商標「SUN」と図形商標「緑色の自動車」とを比較すると、外観(見た目)、称呼(呼び方)、観念(意味合い)においていずれも同一でありますので、両者は類似商標であると判断されます。

参考文献

1特許庁「新しいタイプの商標に関する審査基準の概要」

https://www.jpo.go.jp/system/trademark/gaiyo/newtype/document/new_shouhyou_video/01.pdf

特許庁「動き商標に関する審査基準について(案)」(平成26年9月)

https://www.jpo.go.jp/resources/shingikai/sangyo-kouzou/shousai/shohyo_wg/document/06-shiryou/03.pdf

田口健児,岡田全啓,須永浩子,渥美元幸,駒場大視『「動き商標」「色彩のみからなる商標」の審査動向』パテント73巻2号52頁~66頁(2020年)

https://system.jpaa.or.jp/patent/viewPdf/3492

SNSでシェア:

情報提供源

本ページの情報はAIとRPAを駆使したクラウドベースの
商標調査・出願・登録システム「すまるか」により生成されました。
商標が取れそうかどうかを確認する先行商標調査は無料で、
原則1週間以内に調査報告書をお送りします。アパレル、飲食、
サプリ、物販、EC、美容、情報発信など、
様々な商品やサービスを提供する中小企業、ベンチャー、
スタートアップ、個人事業主、等の皆様の
商標取得をサポートします。