商標登録されたディズニーキャラクター一覧

皆さんの好きなディズニーキャラクターと言えば誰でしょう?多分すぐに答えが出てくるかもしれませんね。しかし現在進行形で、ディズニーアニメには数えきれないほどのキャラクターが登場しています。その中で日本国内で商標登録されたキャラクター数についてご存知でしょうか?実は、現時点で約73体のディズニーキャラクターが商標登録されています。今回は商標登録されたディズニーキャラクターをご紹介していきたいと思います。


また、同一のキャラクターが違うポーズ、違う指定商品・役務(サービス)であれば、複数の商標権を持つことができます。例えばミッキーのような人気が高い主役でしたら、より全面的にキャラクターを守るため、異なる見た目で商標登録した方が万全です。


なぜキャラクターを保護するために、商標登録が必要なのか?


キャラクターを権利者以外の第三者からの利用を防ぐため、商標法、意匠法、著作権法といった知的財産法でキャラクターを守ると想起する方が多いと思います。では、全面的な守備範囲を持つ法律はどれなのか、どの法律がキャラクターを保護するに最適なのかについて一緒に見ていきましょう。

商標権意匠権著作権
守備範囲・商標登録時に商標を使用する商品・役務(サービス)として指定したもの
→例えば、キャラクターが商標出願時に「時計」という分野を指定した場合、第三者が当該するキャラクターを時計の外装に使われることが禁止されます。
・キャラクター自体とキャラクターの名前も保護される
・意匠登録時に指定したキャラクターの外観(柄・ポーズ)と同一/類似するが物品になったもの
・意匠権は物品の形状等を保護するものであるため、キャラクターの特定の外観(柄・ポーズ)のみ保護される
・キャラクターの著作者の死後70年までの著作物(ポスター、スライド等)
・キャラクターの原画のみ保護される
デメリット・コストが高い
→キャラクター自体とキャラクターの名前も保護したい場合、名前とキャラクターの図面を別々で商標登録する必要がある
・キャラクター特定のキャラクター自体とキャラクターの名前は保護されない
→キャラクターが無断に使用された場合、意匠登録した外観(柄・ポーズ)と異なると、意匠権侵害にはならない
・キャラクター自体とキャラクターの名前は保護されない
→第三者に無断で二次創作を行う場合、必ずしも著作権侵害に当たるとは限らない(例:同人誌等)
対抗策・差止請求
・損害賠償請求
・不当利得返還請求
・信用回復措置請求
・刑事責任の追及
・差止請求
・損害賠償請求
・不当利得返還請求
・信用回復措置請求
・刑事責任の追及
・差止請求
・損害賠償請求
・不当利得返還請求
・信用回復措置請求
・刑事責任の追及
キャラクター保護における商標権・意匠権・著作権の違い

こうして商標権・意匠権・著作権の違いを比較してみると、商標権は全体的に守備範囲が広そうに見えますね。実際、ディズニーの意匠権と商標権の出願状況を見ますと、商標権の出願が圧倒的に多いです。もしオリジナルのキャラクターを創作したら、キャラクターを守るため商標登録をおすすめです。

ディズニーの商標出願数は現時点では1044個あります。
現時点で意匠登録されたディズニーキャラクターはありませんが、こちらはディズニー
唯一の登録意匠(意匠登録1662798)のコンテンツ選択機能を有する電子計算機です。


とは言え、キャラクターを意匠登録できないわけではありません。しかし、意匠登録できるものとして量産することが可能な物品でなければならなく、物品を離れた絵柄自体は意匠権の保護の対象外となります。そのため、キャラクターを意匠登録する場合は、ぬいぐるみ・おもちゃ等の形をした置物として、キャラクターが物品の形状で意匠を出願します。

東京2020パラリンピックマスコットのソメイティ登録意匠(意匠登録1612595)。
審査官に形状等を正しく理解できるよう、出願時に図面を添付する必要があります。


商標登録も意匠登録も著作権もない場合

もし、あるキャラクターが意匠登録、商標登録をしておらず、著作権も有していないという状態で、そのキャラクターが権利者以外の第三者が利用されてしまった場合、もうどうしようもないのでしょうか?

そのキャラクターが全国的に知られている状態、あるいは需要者の間に広く認識されるのであれば、形態模倣がされている等、第三者が無断で利用されているような場合、不正競争防止法違反として、そのキャラクターの使用禁止や無断使用製品の廃棄などを求めることや、ライセンス料相当額などの損害賠償を求めることができます。但し、商標権、意匠権のように「権利」の根拠が簡単に証明できるものではなく、基本的に裁判で争うことになる上、かなりの手間、時間と金銭等がかかり、加えて相当に有名となったキャラクターのみに限ります。 仮にそこまで有名となっていない場合、一般的な対抗策としては、相手方に警告書を発する、交渉をするなどが可能です。

しかしながら、ミッキーのような世界的に有名なキャラクターとしても商標登録を受けているので、キャラクターの権利を保護するには、商標登録などをするのが最適解です。

SNSでシェア:

情報提供源

本ページの情報はAIとRPAを駆使したクラウドベースの
商標調査・出願・登録システム「すまるか」により生成されました。
商標が取れそうかどうかを確認する先行商標調査は無料で、
原則1週間以内に調査報告書をお送りします。アパレル、飲食、
サプリ、物販、EC、美容、情報発信など、
様々な商品やサービスを提供する中小企業、ベンチャー、
スタートアップ、個人事業主、等の皆様の
商標取得をサポートします。