商標の審査時間

商標を出願したら、「できるだけ早く商標権を手に入れたい」や、「早めにこの商標を使用したい」などの考えは少なくないでしょう。特に流行に関するものやファーストファッションなどの商品に対してはなおさらですので、正に「時は金なり」です。

そうしたら、商標出願から登録に至るまで、どのくらいの時間がかかるのでしょうか?

商標登録までの流れ

通常によりますと、商標登録までにかかる時間は約12ヶ月となります。

なお、商標出願後、特許庁からの審査を受けなければならない。

この審査は「方式審査」と「実体審査」の二段階で行われます。

方式審査

方式審査とは、商標申請が手続的、形式的な要件を満たしているかどうかについての審査です。
方式審査の内容は大まかには以下の通りです。
・書式の記載が正しいか
・手数料の未納又は不足か
・出願人が出願資格を持っているか

方式審査が完了したら、審査待ちの状態となります。その時間はおおよそ1年かかります。
近年、国内の商標出願数が増える一方、更に海外からの商標出願も激増しています。そのため、審査までにかかる時間も増えしつつ状況となります。

実体審査

審査待ちの状態が終わったら、出願商標は実体審査の段階に入ります。
「実体審査」とは、特許庁の審査官が、出願されたもの自体が商標としての要件に合致するものであるかどうかを審査する行為です。
実体審査の内容は大まかには以下の通りです。
・商品や役務(サービス)の区分や記載が正しいか
・商標が普通名称や慣用商標、商品等の特徴等をそのまま表しているに過ぎない商標等に該当しないか
・先行する他人の似た商標が存在しないか

上記の「方式審査」と「実体審査」両方が無事に合格した場合には、登録査定が送付されます。

したがって、出願から登録査定までにかかる時間は約12ヶ月となります。

早めに商標権を手に入れる方法

通常なら約12か月かかりそうですが、以下いずれの方法を使って、時間を短縮することができます。

・早期審査
・ファーストトラック審査

早期審査

商標早期審査制度は、一定の要件の下、出願人からの申請を受けて審査を通常に比べて早く実施する制度です。
具体的には、以下の対象1~対象3のいずれかに該当すると早期審査の対象になれます。

(特許庁HPにより)
https://www.jpo.go.jp/system/trademark/shinsa/soki/shkouhou.html

(特許庁早期審査ガイドラインにより)
具体的な条件や必要な書類は、特許庁早期審査ガイドラインにご参照ください。

早期審査のメリットとデメリット

メリット
・一番早く商標審査結果を知られます

通常12ヶ月かかる審査ですが、ただ2ヶ月で審査を受けることができます。更に、1ヶ月で審査完了したケースもあります!

・補正や再度申請が可能

早期審査申請前でも申請中でも商標に対する補正や手続が可能です。特に、出願時に審査基準に載っていない商品名や役務名を使ったとしても、それを削除して早期審査を申請することが可能です。
更に、一度早期審査対象外となったとしても、その後に早期審査の要件を満たす状態になった場合は再度早期審査を申請することが可能です。

デメリット
・使用中&使用準備中の証拠が必要

出願商標を既に使用しているもしくは使用の準備を相当程度進めていることが基本条件なので、関連証拠のご用意及び提供が必要となります。

・申請手続が必要のため、費用が発生

申請方法として、決められた書類「早期審査に関する事情説明書」を提出しなければならないので、それに応じて費用が発生します。

・一部の指定商品を削除し、商標の保護できる範囲が縮小する可能性も

もし出願の時ある区分の商品・役務名に「類似商品・役務審査基準」に掲載されていないものを使用した場合や、出願の際にそのまま国際出願の商品・役務名を使用した場合、それを削除しないと早期審査の条件を満たすことができない。そうすると、当該商標が早めに登録になったものの、カバーできる範囲は希望より小さくなったり、重要な商品・役務がカバーされてなかったりなどの状況もあり得ます。

ファーストトラック審査

ファーストトラック審査とは、商標出願時に一定の条件を満たすと、審査までにかかる時間を縮める審査です。特に、新しいファーストトラック審査制度により、審査期間を大幅に短縮でき、商標出願から約6か月で最初の審査結果通知を受け取れることができます。

特許庁広報誌により)

その条件としては、次の(1)及び(2)の両方の要件を満たす場合に対象になります。

(1)出願時に、「類似商品・役務審査基準」、「商標法施行規則」又は「商品・サービス国際分類表(ニース分類)」に掲載の商品・役務のみを指定している商標登録出願
(2)審査着手時までに指定商品・指定役務の補正を行っていない商標登録出願

ファーストトラック審査のメリットとデメリット

メリット
・申請手続・手数料不要

ファーストトラック審査は、出願時に特定の商品・役務名を指定したら自動的に行われるものなので、申請手続も手数料も不要となります。

デメリット
・それでも6ヶ月がかかる

審査時間を短縮できるといったものの、まだ6ヶ月がかかりますので、出願商標の展開を急いでいる人に対しては特に意味がないです。

・記入にミスがあったら一発でアウト

ファーストトラック審査の条件としては、出願時に「類似商品・役務審査基準」、「商標法施行規則」又は「商品・サービス国際分類表(ニース分類)」に掲載の商品・役務のみを指定しなければならないことなので、誤ってそれ以外の商品・役務名を願書に記入したり、そのまま国際出願に記載された商品・役務名を使用したりの場合には、その時点からファーストトラック審査に外されることになります。そして、再度にファーストトラック審査に適用するチャンスはありません。

・補正ができない

ファーストトラック審査のもう一つの条件としては、審査着手時までに指定商品・指定役務の補正を行っていないことです。したがって、ファーストトラック審査の条件に合わせて補正を行うこともできないです。

早期審査とファーストトラック審査の比較

 早期審査ファーストトラック審査
時間2ヶ月6ヶ月
費用20000円無料
書類の提出必要不要
補正の可否可能不可
再度の審査請求可能不可
指定商品・役務に対する要求一部に必要必要

ちなみに、早期審査とファーストトラック審査を併用することもが可能です。
そのメリットは、もし早期審査の条件に合致する場合、審査にかかる時間はただ2ヶ月のみです。仮に早期審査の対象に該当できなくても、審査時間が6ヶ月までに短縮できます。

なお、併用するデメリットはありませんので、出願する際にぜひご検討をお願いします。

分からなかったら気軽Smarcaにご相談ください!

SNSでシェア:

情報提供源

本ページの情報はAIとRPAを駆使したクラウドベースの
商標調査・出願・登録システム「すまるか」により生成されました。
商標が取れそうかどうかを確認する先行商標調査は無料で、
原則1週間以内に調査報告書をお送りします。アパレル、飲食、
サプリ、物販、EC、美容、情報発信など、
様々な商品やサービスを提供する中小企業、ベンチャー、
スタートアップ、個人事業主、等の皆様の
商標取得をサポートします。

次の記事

商品・役務の指定